WBO世界フェザー級王者ラファエル・エスピノサ(メキシコ)=22戦全勝(18KO)=の初防衛戦は、6月21日(日本時間22日)に米・ラスベガスで、同級2位セルジオ・サンチェス(メキシコ)=22勝(13KO)1敗=を相手に行われる。

エスピノサは昨年12月9日(日本時間10日)に米・フロリダ州ペンブロークパインズのチャールズ・F・ドッジ・シティ・センターで、ロベイシ・ラミレス(キューバ)=13勝(8KO)2敗=が保持していた王座に挑戦。第5ラウンドにダウンを喫しながら、終盤、驚異的な追い上げを見せ、最終ラウンド終了間際にダウンを奪い返し、115-111、114-112、113-113のスコアで判定勝ち。大逆転で世界王座を獲得した。

一方のサンチェスは2018年8月に行った初の8回戦で、再起戦だった後のWBA世界フェザー級王者マウリシオ・ララ(メキシコ)に、2回終了TKO負けを喫したのが唯一の黒星。以後、13連勝でランキングを2位位まで上げて来たが、著名選手との対戦はない。